敬天愛馬

競馬予想☯天を敬い競馬を愛す

JBC 予想ファクター

 

 

 

 

JBC 予想ファクター

 

今回、京都で開催されることとなったJBC。

春の京都のダートは今までと違い、やや時計のかかる馬場でした。

しかし、秋になって一変。時計が早くなる例年の馬場となっています。

 

JBCクラシック・スプリント・レディス全てに言えることは、この高速時計への対応です。

 

ちなみにJRAの馬が地方交流重賞から凱旋してくるJRAGⅠ。

フェブラリーS・チャンピオンズCは近年は力のいる馬場で開催されています。

 

高速の京都とは全く別物

と見たほうがいいでしょう。

 

あとは、有力出走馬の自力しだいでしょう。

なので波乱も期待できそうです。

 

3レース全ての有力馬の分析です。

 

 

 出走馬分析

 

JBC スプリント

 

キングスガード

能力はあるが、地方のダートが合わなかった1頭。

前走は初の1200mを経験。

休養明けと59㎏という条件の割に4着と内容は悪くなかった。

前進期待で今回の穴筆頭。

 

マテラスカイ

前々走のプロキオンSでは、レコード勝ち。

当時の中京はかなり高速の馬場だったが、

1200m通過で1.07.5と驚異の時計。

逃げていた当馬が記録した時計で後続が来ないのも納得。

 

前走の地方の日本盃は、この馬には合わなかった。

高速の京都に変わる今回は圧勝。

 

モーニン

地方よりの更に力のいる韓国帰りの参戦。

いきなりの早い馬場替わりは辛そう。

能力はある。

 

ノボバカラ

一昨年のカペラSで中山のダート1200mを1.10.2で走っている。

時計対応は可能。

衰えていなけば、差し優勢の馬場で一発ある。

 

 

 

JBC クラシック

 

センチュリオン

中山のダートが早い時計になった時は必ず好走している。

地方色が強くないのも好感。

輸送さえクリアすれば好走してもおかしくない。

 

サンライズソア

稍重だった今回と同条件の平安Sの覇者。時計対応可能。

鞍上も絶好調。普通に買い。

 

ケイティブレイブ

祐一は京都ダ1900mが得意。

地方・JRAともに近走は力のいる馬場でしか結果を残せていない。

 

アポロケンタッキー

この馬は地方が合わない1頭。

有名になるキッカケが2年前の同じ時期にあったみやこSだった。

大型馬なので広いコース向き。鞍上とも手が合いそう。

 

オメガパフューム

前走のシリウスSが不良馬場。

しかし、1800mの持ち時計がない事が気になる。

ルヴァンスレーヴが古馬相手に暴れている。

が、普通ダート路線の3歳馬は、古馬の壁に跳ね返されるもの。

ルヴァンスと同じく、と考えるのは早計かもしれない。

 

 

JBC レディスクラシック

 

フォンタナリーリ

ダート1800mの持ち時計が最も早いのがこの馬。

京都の戦績も悪くない。

ダート牝馬一線級との対決も二回目で前進期待。

 

クイーンマンボ

平安SでJRAのダート対応と牡馬との勝負の両方を克服してみせた。

ダート牝馬路線で抜けた存在。

 

ラビットラン

クイーンマンボに対抗するなら、未知数のこの馬。

高速の京都では、芝の一線級と渡り合ったスピードが活きそう。

 

プリンシアコメータ

統一ダートGⅠ完全制覇がこのレースにかかっている武豊

それだけが怖い。