敬天愛馬

競馬予想☯天を敬い競馬を愛す

京王杯2歳S 予想ファクタ

 

 

京王杯2歳S

 

 

 予想ファクター

京王杯2歳Sの予想ファクター。

①早い時計に対応できる実績・血統②1600m以上の実績です。

この2つは京王杯2歳Sだけでなく、今開催の東京1400mに全てに共通して言えることです。

 早い時計に対応できる実績・血統

 

今開催の東京は高速馬場になっています。

高速時計に対応した実績のある馬。

または高速決着の経験はないが血統的に走りそうな馬。

 

既に今回の東京開催で実績を出している血統が狙い目。

キンシャサノキセキダイワメジャー

この2頭の種牡馬は、既に数年にかけ実績があります。

 

去年から少しずつ実績を出し始めているロードカナロアも狙い目です。

 

 1600m以上の実績

 

東京の芝1400mは、1600m以上の実績がある馬が強いです。

特に今回の開催は、このファクターが重要です。

 

これは、このレースに限らず東京の芝1400mのレースで共通していえるので参考にして下さい

 

 

 

高速決着に対応でき、なおかつ1600m以上の実績のある馬。

この条件を中心に狙います。

 

 

 出走馬分析

 

人気馬と気になる馬の個人的な短評をしたいと思います。

既に枠順が出ているのでその順番でいきます。

 

ファンタジスト

 

小倉2歳Sを例年の中では早いタイムで勝ちました。

しかし、今年の小倉は芝状態が良かったので、少し物足りない気がします。

レーヌミノル(京王杯2歳S2着)は1.08.0で走りましたから。

 

とはいえ、血統は父がロードカナロアで悪くありません。

去年のアサクサゲンキのパターンなら。

 

メイショウオニテ

 

高速の京都の開幕週の未勝利を勝ち上がっての参戦です。

血統も父がキンシャサノキセキで狙い目です。

穴の要素はあります。

しかし、前走は逃げ・先行がバテてた為の差し切りでした。

穴馬としては、もう一押し欲しいところです。

 

ココフィーユ

 

メンバーで唯一の1600m経験馬です。

今回の東京開催も未勝利勝ちの時に経験しています。

血統もロードカナロアで悪くありません

しかし、前走の上がり34.0秒。

今回は相手強化になるので、これをどれだけ詰めれるか?がカギになるでしょう。

 

戸崎は、東京1400mは上手いのです。

モレイラからの乗り替わりは問題ありません。

 

シングルアップ

 

前走はチグハグな競馬になってしまいました。

しかし、これで評価が落ちたのでオイシイ存在になりました。

 

前々走で小倉の芝1200mを1.08.4で走っています。

これは高速決着への対応として評価できます。

 

阪神でデビュー勝ちしたように広いコース向きのような気がします。

今回のコース替わりはプラスです。

 

血統もキンシャサノキセキ産駒と申し分なしです。

積極策ならかなり怖い。

 

 

アウィルアウェイ

 

ダリア賞馬の3連勝をここ数年見たことがありません。

ダリア賞が高速決着だったので、高速対応可能なように見えます。

しかし、それであればもう少し早いタイムが欲しかった?かも?

 

スタートが悪い事。

左回り(前走)でコーナーで外にはっていたのも気になります。

GⅡなので、どちらかをクリアしてほしい。

 

ダリア賞で突き抜けた馬も見た事がないので、その未知の部分をどう判断するか?でしょう。

 

カルリーノ

 

今年の函館開催は、早い時計で決着多かったです。

この馬も、その開催の2歳Sの3着馬なので評価できます。

マツリダゴッホ産駒も、この条件は悪くないので、立ち回り次第では?

 

アスターペガサス

 

前走は、かなりゴタゴタした競馬でしたが、それでいて届いたしまいました。

正直かなり強いと思います。

 

血統的にダート色が強そうです。

ここではないのかもしれません。

しかし、実際に芝で走っているのですから、今は素直に能力を評価したいと思います。

 

 

 

以上をふまえて、明日最終的な結論を出したいと思います。